柴犬4頭との日常や介護の事 ♡♡記憶より記録♡♡  
2017/08月
≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282
またまた
意味深なタイトル(笑)

今日は祭日なので区役所や病院からの電話がかかってこない1日です。
そこで、後回しにしていた高校生の講義の骨組みを作ることにした。

しかし
思うように進まない・・・・

自分が高校生の時を考えると
ちゃんと授業なんて聞いていなかったし・・・・(苦笑)
後ろ向いて友達と喋っていたり
早弁したり・・・・

そんなことを考えるとまともな授業では前を向かせることすら難しいのでは・・・・

だってね
講義の内容が職業倫理や介護概論 ヘルパー概論なんですよ。
堅苦しい話してもねぇ~(苦笑)

陽ちゃん、昔から詩の朗読は得意なんです(笑)
感情を込めて、声を変えて朗読できるんです。

3日間のうちどこかでこの詩を朗読してみようと思う
感受性豊かな高校生の心に響いてくれることを期待して・・・・・


・・・・・***・・・・・・・・・・・・・・・・・***・・・・・・・・・・・・・・・・・・・***・・・・・・・

 ある老女の手紙◆      

アシュルティ病院の老人病棟で一人の老婦人が亡くなりました。
彼女の持ち物を調べていた看護師が、彼女の遺品の中から彼女が書いたと思われる詩を見つけました。
彼女は重い認知症でした。


                    ・
                    ・
                    ・

何が見えるの、看護婦さん、あなたには私の何が見えるの?
あなたが私を見るとき、こう思っているのでしょう
気むずかしいおばあさん、利口じゃないし、日常生活もおぼつかなく
目をうつろにさまよわせて食べ物をぽろぽろこぼし、返事もしない


看護師さんが大声で「お願いだからやってみて」と言っても
私はあなたのしていることに気付かないそぶりで
いつもいつも靴下や靴をなくしてばかりいる

私はおもしろいのかおもしろくないのか看護師さんの言いなりになっている
長い一日を埋めるためにお風呂を使ったり食事をしたりしている。
これがあなたが考えていること、あなたが私を見て感じていることではありませんか?

でもちゃんと目を開けてごらんなさい、看護婦さん、あなたは本当の私を見てはいないのですよ
私が誰なのか教えてあげましょう、ここにじっと座っているこの私が
あなたの命ずるままに起き上がるこの私が
あなたの意思で食べているこの私が誰なのか

昔、私は十歳の子供でした。父がいて、母がいて兄弟、姉妹がいて、
みな お互いに愛し合っていました
十六歳になった少女は足に羽をつけて
もうすぐ恋人に会えることを夢見ていました

二十歳でもう花嫁。私の心は躍っていました
愛する人と守ると約束した誓いを胸に刻んで


二十五歳で私は子供を産みました
その子は私に安全で幸福な家庭を作ることを求めたの

三十歳、子供はみるみる大きくなる
永遠に続くはずの[きずな]で母子は互いに結ばれていたわ
四十歳、息子たちは成長し、家を出て行ってしまった
でも夫はそばにいて、私が悲しまないように見守ってくれました


五十歳、もう一度赤ん坊が私の膝の上で遊びました
私の愛する夫と私は再び子供(孫)に会ったのです

やがて、暗い日々が訪れました。夫が死んだのです
先のことを考え----私は不安で震えました
息子たちはみな自分の子供を育てている最中でしたから・・・・

それで私は、過ごしてきた年月と愛のことを考えました

今、私はおばあさんになりました。自然の女神は残酷です
老人をまるでばかのように見せるのは、自然の女神の悪い冗談
体はぼろぼろ、優美さも気力も失せ、
かつて心があったところには今では石ころがあるだけ

でもこの古ぼけた肉体の残骸(ざんがい)にはまだ少女が住んでいて
何度も何度も私の使い古しの心をふくらませます
私は喜びを思い出し、苦しみをも思い出す
そして人生をもう一度愛して生き直す

年月はあまりに短すぎ、あまりに早く過ぎてしまったと私は思うの
そして何者も永遠ではないという厳しい現実を受け入れるのです



だからちゃんと目を開けてよ、看護婦さん----お願い 目を開けてちゃんと見てください

目の前にいる気むずかしいおばあさん・・・ではなくて、「本当の私」をもっとよく見て!
 


・・・・・・・・・・・・・・・***・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・***・・・・・・・・



まぁ こうやって資料を用意しても、状況により渡さなかったり
この話さえしなかったり・・・(苦笑)

今日の1日
あまり目に見える成果はなかったが、なんとなく ぼんやりと頭の中の整理がつきつつある感じ(笑)

結局、お尻に火がつかないと動けないタイプです(笑)
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
ようこ先生、
高校生たちが、陽ちゃん先生のお話に
耳を傾けてくれるといいですね

私の直感では、陽ちゃん先生は、高校生の❤を
ギュっと掴むと思うけど。。。
頑張ってね★

・・・笑子も3時限めの休み時間にだいたい
早弁でした、
早弁仲間が居てね~~(笑)
んで、昼休みは全力で遊ぶ・・・と言っても
8人ぐらいでトランプとか大人しい遊びでした
あの頃は、おしゃれとおしゃべりに夢中でしたね
笑子 URL 2013/02/11(Mon)18:09:24 編集
笑子さんへ♪
陽ちゃんの休憩時間は
廊下でピンクレディの振り付けの真似をしたり
ホウキを持ってサザンの真似をしたり(笑)
授業中は、もっぱらお菓子を食べてた(笑)
女子高だったから、したい放題でした(笑)

体育の授業の前は教室で着替えるんだけど
わざと遅く着替えて
呼びに来る男性の先生にわざと黄色い声で
「きゃーエッチ~ 覗かないで~」なんて叫んで
1時間終わったこともあった(笑)
最終的に女性の先生が来て怒られるんだけどね(笑)

なつかしいわぁ~ あの頃が(笑)
【2013/02/11 18:17】
講義
失敗学の畑村先生が講義をすると誰も聴いていないことに苦慮していたとき、
失敗談を交えたら、途端に食いついてくると云ってました。(この先生の話はおもしろいです。)
先生も、失敗の研究の第一人者となりました。
一歩間違うと(殺しかけた?)ような失敗談には食いつくような気がしますよ。
上総くん 2013/02/12(Tue)00:14:12 編集
上総さんへ♪
はい
失敗談は数知れず・・・・
いつも自分が何度辞表を書いたか・・・
その時の上司の対応など話しています
時々・・・本当に亡くなった方の話では話しながら自分が泣いている時もあります
講義中に眠ってる人の横に立ちいきなり認知症のおじいちゃんになりきり
無理難題を言ってみたり・・・・
笑いあり、涙あり、なんですが・・・・
今の高校生がどんな感じなのかがわかんない
でも、それが楽しみだったりする(笑)
【2013/02/12 09:25】

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

最新コメント
[08/06 まこちゃん]
[07/29 明智]
[07/26 てくっぺ]
[07/26 lunaya]
[07/25 笑子]
ブログランキング
1日1回 クリックしてね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 白柴犬へ
励みになります♪(感謝)

にほんブログ村

プロフィール
HN:
♪陽ちゃん
性別:
女性
趣味:
わらうこと(笑)
自己紹介:

毎日ダイエットが頭をかすめる中 毎回実行できず、後悔ばかりの
うん十年(笑)
でも明るく笑って過ごしています♪
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
バーコード
ブログ内検索