柴犬4頭との日常や介護の事 ♡♡記憶より記録♡♡  
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [473] [474
昨日の夕方 81歳のSさんが訪ねて来ました。

2年ほど前に関わっていた利用者さんです。



この方は最初区役所の方から相談された方です。

高齢の男性が二人で暮らしているが、世間から一切の距離を置き

ケースワーカーが訪問しても入室させてもらえないので、どんな生活を

おくっているのか誰にもわからないと言う困難事例でした。



確かに、何を聞いても話してくれませんし、室内に上げてももらえません

よくよく、区役所の方に話を聞いてみると

同性愛者とのこと。

それなら納得、誰にも介入してほしくないって言うのも理解できますよね

結局、そのお宅には女性ヘルパーは入れず、男性ヘルパーのみOKでした

でも、1か月ほどで契約解除となり、それきりでした。



2年たっていきなりの来所

話を聞いてみると、23日の明け方に同居していた67歳の男性が亡くなった・・・・

この4日間、何も食べていないし、どうやって生きているのかわからないとのこと

警察で司法解剖の結果、肺炎を起こしていたことはわかったが、身寄りがないため

現在は安置所で預かっているとのこと。



このままでは自分が衰弱し死んでしまいそうだから警察に保護してほしいと

お願いに行ってきた帰りだと言う。

もちろんそんな願いは聞いてもらえず、憔悴しきった状態。



家にいても亡くなったYさんの事を思い出し

夜中に目が覚めても隣に寝ているのではないかと錯覚を起こす

そんな思い出のいっぱいある家には帰れないと涙を浮かべながら話す。



陽ちゃんは2時間以上話を聞いてあげた・・・ただ、聞いてあげるしかできなかった。

きっと私たちが身内を亡くす以上に寂しくて辛いんだろうねぇ~



Sさんは自分が死ぬ以上に辛い と話される



34年間一緒に暮らしていた。

お互いに他に話をする友人もなく、Yさんが脳梗塞を起こした時も

Sさんが毎日手をさすり、リハビリを続け後遺症が残らないように頑張った。



そんな特別な関係のお二人だったから喪失感と言うものは計り知れない気がする

4日間何も食べていないので足元はふらついているし・・・

事務所でエンシュア(栄養剤)を飲んでいただく

もちろん、お持ち帰りもしてもらい、いつでもお昼は事務所で一緒にご飯を食べようね

と伝えた。



同時に不動産屋に電話して、あいている物件を調べてもらい

区役所のケースワーカーさんに引っ越し代や敷金の交渉を行い

明日、午後から一緒に物件を見に行く予定をたてて・・・





ピンポ~~ン

(Sさんが来所)



ここまでは、午前中(11時)に入力した情報です

ここから急展開










玄関のドアを開けSさんが事務所に入ってきた



Sさん     「今 点滴打ってもらってきたんやぁ~」



陽ちゃん    「まぁ~座って~  良く来てくれたねぇ~」



     

杉かなちゃん  「椅子がクルクル動くから抑えときますね~」



Sさん     「いやいや 、椅子なんか抑えんでも こけたりせんでぇ~」



この会話と同時に陽ちゃんはPCを消してSさんの横に歩いて行った

その瞬間

椅子に座っているSさんの首がガクンと後ろにのけぞった。

血圧低下か?

「取りあえず杉かなちゃん お水持って来てぇ~」と声をかけるが

同時に脈拍を見ていた陽ちゃんはどんどん脈が微弱になっていくので

「杉かな~お水より救急車呼んで~」と叫んだ



杉かなちゃんはすぐに119番に電話した

陽ちゃんはSさんの体を支えながら、社長に内線をかけた。



1分後に社長が事務所に降りてきたときにはまだ、杉かなちゃんは119に電話中

陽ちゃんは電話口に向かって「心肺停止」と叫んだ

救急隊が「AEDは近くにありますか?」と電話口で質問している

杉かなちゃんは「近くにありません」と答えると

救急隊が「心肺蘇生法を行えますか?」と質問している

陽ちゃんはまたまた電話口に向かって、「すでに胸部圧迫を行っています」と叫んだ



救急車を待っている間、ず~~~と社長は胸部圧迫を続けている。

途中で1度息を吹き返したが、また呼吸が途切れた。

救急隊が到着しても、まだ、社長が胸部圧迫を続けるように指示される。



本来は救急隊がすぐに胸部圧迫を行うのだが、社長は先日 指導者の資格を取ったばかり

的確な胸部圧迫だったので、そのまま続けて下さいと言われる

その間に救急隊はAEDの準備を始めた



「離れて下さい」の声の後にSさんの体が波打った

と同時に呼吸がやや回復



そのまま救急車に運ばれた



地元の病院ではなくて、大阪市立大学医学部付属病院に運ばれた。

長い道のりの間に救急隊員が、先ほど胸部圧迫されていた方はどなたですか?と

尋ねられた



そこで、毎年 西成消防署で普通救急救命の講義を受けていること。

今年が最後で来年からは受けられないと言われたこと。

来年のために社長が救急救命の普及委員の資格を取ったことなどを話した。



何と救急隊の中の一人の女性が、「その対応をしたのは私です」と言われる

「普及委員の話をした後に資格を取りに行かれたんですね

完璧な対応です。

一般市民で心肺停止の1,2分後に胸部圧迫が行われ、3分ほどで蘇生することは

本当にまれなことです」と言われる。



市大に到着し、救命センターに運ばれ、その待合室で待っていると

先ほどの女性の救急隊の方来られ、私は管理職ですと改めて挨拶をされる。



消防署の決まりで本来なら、今年も救急救命の講習は受けられないはずだったが

ニコニコさんの毎年の受講実績と命を救いたい思いを署内で検討会議を行い

今年だけ例外として講習を受けてもらった

でも、きちんと普及委員の資格を取ってもらい、完璧な心肺蘇生だったので

今度からいつでも訓練用のAEDや人体人形を貸し出しますよ

社長さんの講義はどこでも通用しますとお墨付きを頂いた



そして、こういう経緯の元に1人の老人の命が助かったことを

今後 事例発表させていただいていいですか?と言われる

もちろん、悪いことをしたわけではないので、どこで名前を出してもらっても

かまいませんよと答えた。



その後、待合室で3時間待たされ、Sさんは心筋梗塞にて心肺停止になったが

3分以内に蘇生できているので、脳に障害はなさそうですと医師の説明があった

3日間は低体温療法で脳を保護し、その後は意識も回復してくるでしょうと言われる

やっと安心して事務所に戻ってきたのは午後3時過ぎ


下の写真は事務所の防犯カメラからの映像です
最終的に救急隊に胸部圧迫を変わり、疲れきって立ち上がれない社長です

どれほど訓練が大事なのか
胸部圧迫を体で覚えるまで繰り返し訓練を受けた社長だからできたことです。

この事務所で1人の命を救うことができて
本当に良かったです。




Sさんの早い回復を祈ります♪

退院の時までには、新しい住居を見つけてあげるからね♪
Yさんのお葬式をちゃんと出してあげるまでは、元気でいなきゃだめですよ!!



この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
・・・・Sさん、助かって本当によかったですね

皆さんのチームプレー
ほんの僅かな時間の、判断、行動が
人の生死を分けるんですね

訓練をされていたからこそ、落ち着いて
この状況に立ち迎えたのだと思います

社長さん、陽ちゃん、杉かなさんに
敬意を表します!!!!

笑子 URL 2013/11/27(Wed)21:06:59 編集
笑子さんへ♪
敬意だなんて・・・・・(照)
でも、後から防犯ビデオを見ると、倒れてから救急車に乗るまでが10分の出来事だったのに驚きました
ほんと我ながら最高のチームプレーだったんでしょうね~
本当に助かってよかったぁ~
【2013/11/28 11:03】
こんばんはです。^±^ノ
おお、助かってよかったですね。^±^
本当に「九死に一生」でしたね。^±^
しかし、老後というか、異性、同姓にかかわらずの伴侶というか、その問題は深刻ですね。
深刻ですが、どうしようもない部分なんでしょうかねえ。^±^;
うーん、考えさせられるなあ。^±^;
てくっぺ URL 2013/11/27(Wed)23:47:11 編集
てくっぺさんへ♪
そうですよねぇ~
どんな愛の形にしろ、人は一人では生きていけないんですよねぇ~
誰かに頼られ、誰かを頼り、支えあう人が必要な年齢がくるんですよねぇ~
ほんと
いろいろと考えさせられます
【2013/11/28 11:54】
無題
心肺停止と判断してから、
救急隊が「心肺蘇生法を行えますか?」と問いかけがあって
すでに胸部圧迫を行っています

>3分以内に蘇生できている

急変から、3分の出来事。
普段から備えていないと訓練を受けても、なかなか出来るもんじゃ無いですよね。

凄いです。
上総 2013/11/28(Thu)00:57:39 編集
上総さんへ♪
でもね、
胸部圧迫して息をふぅ~って吹き返した時は
鳥肌が立つほど嬉しかった
逆に言うと、かなりいっぱいいっぱいだったようにも思う(苦笑)
だけど、やっぱり、訓練しているから動けたんでしょうね
今回はSさんからいろんなことを学ばせていただきました

って、
上総さん、こんなところでコメント書いてて大丈夫??
お身体大事にしてくださいね♪
【2013/11/28 11:57】
無題
凄い!そして社長の放心状態の顔!臨場感が伝わります。

そして迅速な対応、見習わなくてはなりませんね!
私も講習行きたいなぁ~!
まあどん URL 2013/11/28(Thu)07:36:52 編集
まあどんさんへ♪
まあどんさんも是非講習を受けていてくださいね
普通講習は3時間から半日
社長のように指導者になれる講習は3日間です

今回は社長が胸部圧迫をしている写真はSさんの顔が
映っているので出せません
それでも、緊迫感を感じていただけたら良かったです。
【2013/11/28 12:01】
無題
あぁ、良かった・・・・・・・・・。
その一言しか出てきません。
陽ちゃんのとこにいなかったら・・・・・・・。
この人はまだ死んではいけない人だったんでしょうね。

社長さん、お疲れ様でした(^.^)
あけびーの URL 2013/11/28(Thu)08:52:58 編集
あけびーのさんへ♪
本当にまだ、死んではいけない人なんです。
今までYさんに尽くしてきた人生
もしかしたらYさんが天国から呼んでいるのかもしれませんが
元気になったらSさんの人生を歩いてもらいたいって思います。
【2013/11/28 12:02】

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

最新コメント
[11/20 Best Apps for Android Mobile Phone]
[11/20 てくっぺ]
[10/31 ロレックスコピー時計]
[10/30 偽ブランドバッグ]
[10/29 フランク ミュラーコピー]
ブログランキング
1日1回 クリックしてね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 白柴犬へ
励みになります♪(感謝)

にほんブログ村

プロフィール
HN:
♪陽ちゃん
性別:
女性
趣味:
わらうこと(笑)
自己紹介:

毎日ダイエットが頭をかすめる中 毎回実行できず、後悔ばかりの
うん十年(笑)
でも明るく笑って過ごしています♪
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
バーコード
ブログ内検索