柴犬4頭との日常や介護の事 ♡♡記憶より記録♡♡  
2017/07月
≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[181] [180] [179] [178] [175] [177] [176] [174] [173] [172] [171

昨日から招福祭りのDVD完成やYoutubeのアップで
事務所内が賑わっている反面

辛いことも・・・・

ちらっと以前の記事にも書いたのですが
お祭り直前に癌である事を告知された利用者M利さん

「お祭りまで生きたい」と願われ、今回のお祭りに参加することが出来ました。
スタッフの協力を得て自宅でスプラウトを育て
現物を展示し、表彰されました。
そして
「来年も挑戦したい」と言う意欲的な声を聞き、スタッフが涙をこらえている姿が・・・

このM利さんはお孫さんが北海道の札幌に住んでおられ、時々電話などされていたのですが
今回の癌の告知を聞き、先日北海道から出てこられました。
ご家族は医者の指示どおり、終末期を過ごす為のホスピタルを勧められました。

ところが、M利さんは「来年もお祭りに参加したい」 「ニコニコさんが毎日来てくれるから大丈夫」と話され
今のまま一人で在宅での生活を希望されています。

痛みの緩和ケアを望むならホスピスの方が良いと思います。
でも、私たちの気持ちは最後までお世話させて頂きたいと思っています。
ただ・・・
人生の最後をどのように過ごすのかはご本人が決める事・・・・・

最終的にお孫さんは「おじいちゃんをよろしくお願いします」と言って帰られました。
もちろん、出来上がったばかりのDVDはお孫さんにプレゼントしました。



今回のお祭りには、もう一人、参加していただきたかった利用者さんがいました。
O西さんです
このO西さんも肝臓がんの末期の方でした。
生まれながらに視力障害があり、状況によりうっすら見える場合とまったく見えない場合とがある方でした。
年齢と共に耳も聞こえにくくなり、いろんなイベントに参加することのない方でした。
夏頃から癌が骨にも転移し、最近ではモルヒネを使って痛みの緩和をされていました。

主治医はご本人には大ざっぱにしか伝えず、担当ケアマネの陽ちゃんがいつも説明を受けていました。
余命が長くない事を知ってる陽ちゃんは今回はお祭りに参加してもらおうと思っていた

陽ちゃんとの関わりはもう、7年ぐらいになりますが、当初は別の事業所のケアマネさんが担当しておられました。

このO西さんは競艇が大好きで、住之江競艇まで電動カートで出掛けていました。
年金半分、生活保護半分を頂きながら生活をされていましたが、年金のトラブルがあったようで
以前の通帳を見せて頂いてもお金の流れがよくわかりません。

ただ、区役所への借金がたくさんあると言う事でした。

それでも競艇で使いこみ、家賃さえ滞納するO西さんとケアマネさんはいつももめていました。
陽ちゃんはその間に立ち、大声で説得する役割でした。

ある日ケアマネさんが挨拶に来ました。
退職の挨拶でした。
O西さんと大喧嘩し、自分のケアマネとしての能力の限界を感じたとの事。
何も退職までしなくても・・・と思ったのですが、決意は固かったようです。

その後、O西さんの担当ケアマネを陽ちゃんが引き受けるようになりました。
O西さんの希望は生き別れの弟さんと連絡がとりたいとの事
O西さんの記憶をたどりながら、熊本の弟さんと電話で話す事が出来ました。

内容的には「縁を切っている。迷惑だ」との内容なのですが
陽ちゃんはその年の暮にO西さんが電動カートに乗っている元気な写真を印刷し
年賀状にして弟さんに送った。

それでも、返事はありません

O西さんは、弟さん探しをしている陽ちゃんに信頼感を持って下さり
その後は金銭を預けてくれるようになり
家主さんにも滞納分の家賃を分割で支払うことで そのまま住ませてもらえるように交渉した。
いつしか借金は少なくなっていった。
それでも、区役所への返還金はまだ、90万円近く残っていました。

そして、今年のお祭りの数日前にO西さんは緊急入院されました。
時間のある時は出来るだけ病室を訪問しました。
病院が近かったので出勤前の朝6時ごろ訪問することが多かったのですが
帰りには手を握って「来てくれてありがとう」といつもおっしゃっていました。

10月1日の朝 病院より訃報が入ってきました。

今、ケアマネとしてレンタルの返品処理や各関係部署への連絡や病院や葬儀の手続きで追われていますが
その一方
《O西さん メモリアル》 と題し、思い出の写真に言葉を添えて、写真集を作っています。
一緒に棺の中に入れてあげようと思っています。

その写真の1枚1枚を見ながら
心が張り裂けそうになっています。
こんな時に毎回襲う 無力感
なにか、他にしてあげられる事はなかったのか・・・・

今回のように入院先で永眠されると、余計にその思いが強くなる。
自宅にいてくれたなら、スイカが食べたいと言われれば、冬でもスイカを探してきてあげられたのに・・・・

86歳 足腰が不自由になり、眼や耳も不自由なO西さん
いつまで電動カートを運転できるだろう?
取り上げることは簡単だが、家から出るすべがなくなる

喫茶店で大好きなママさんとお話しながらコーヒーを飲むこともできなくなる。
借金まみれのO西さんですが、陽ちゃんとしては最後までこの、コーヒー代だけは
どんな事をしても捻出してあげたいと思っていた。
最後まで生きがいを残してあげたかった
区役所の方にコーヒーを飲むお金があるのなら借金を返せと言われたが
頑なに、生きていくうえで必要な行為だと説明し、分割での借金返済計画を立てて
陽ちゃんが責任を持って支払うことで、コーヒー代は認めてもらえていました。

永眠された今、
借金はすべて消えました。

写真を見ながら、たくさんの思い出と共に
天国ではちゃんと計画性のある生活が出来ますように~
と祈っています。
    
      (合掌)

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
合掌。
awa URL 2012/10/03(Wed)18:32:37 編集
awaさんへ♪
ありがとう
【2012/10/04 10:25】
無題
人生それぞれ与えられた環境で一番大切な物は何か知っている陽ちゃんだからこそできる対応だと思います。

合掌。
まあどん URL 2012/10/03(Wed)23:30:50 編集
まあどんさんへ♪
うん
この方にとって一番大事な物は外に出て自分を理解してくれている人とふれあう事!!
だから、喫茶店のコーヒーは大事なんです♪
【2012/10/04 10:27】
無題
♪陽ちゃん こんばんは
O西さんのご冥福をお祈りいたします。

Youtube見ました。
心があたたかくなる素敵な動画ですね。
ニコニコスタッフさんの優しい雰囲気に
癒されます。
陽ちゃんの存在感はNO1
ニコニコ部屋のおかみさんをこれからも応援しています。
tanega島 URL 2012/10/04(Thu)00:04:14 編集
tanega島さんへ♪
だよねぇ~
浴衣はさんドレスになってるおしゃれなものだったはずなのに
陽ちゃんが着ると相撲部屋のお相撲さんのようですね
自分でもダイエットしなきゃ~って思いました(笑)

この体型をギャグにしてるあたりが陽ちゃんなんだけどね(笑)
【2012/10/04 10:29】

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

最新コメント
[07/25 笑子]
[07/25 上総]
[07/14 てくっぺ]
[07/14 笑子]
[07/14 明智]
ブログランキング
1日1回 クリックしてね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 白柴犬へ
励みになります♪(感謝)

にほんブログ村

プロフィール
HN:
♪陽ちゃん
性別:
女性
趣味:
わらうこと(笑)
自己紹介:

毎日ダイエットが頭をかすめる中 毎回実行できず、後悔ばかりの
うん十年(笑)
でも明るく笑って過ごしています♪
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
バーコード
ブログ内検索