53歳にして初めて犬に触れました(苦笑) それが今では白柴3頭 赤柴1頭の多頭飼い♪ しかも、1年間でパピーちゃんが4頭 3か月ずつ離れている4頭の成長記録です♪  
最新コメント
[04/19 まこちゃん]
[04/19 笑子]
[04/19 こた母]
[04/18 笑子]
[04/18 こた母]
ブログランキング
ブログの更新がなくてもクリックしてね(笑)

にほんブログ村 犬ブログ 白柴犬へ
1日1回のあなたのクリック
励みになります♪(感謝)
にほんブログ村

プロフィール
HN:
♪陽ちゃん
性別:
女性
趣味:
わらうこと(笑)
自己紹介:

毎日ダイエットが頭をかすめる中 毎回実行できず、後悔ばかりの
うん十年(笑)
でも明るく笑って過ごしています♪
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 8
9 12 14 15
16 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
バーコード
ブログ内検索
2014/04/04 (Fri)
昨日はとっても大変な1日でした。
陽ちゃんは大活躍
そのせいか、本日 朝起きた時からまったく声が出ません!!
口パク状態です

なので
本日のブログは無音声でお送りいたします♪
なぁ~んて、声が出なくてもブログに影響なし(笑)

皆さんは先月に書いた透析を拒否されているIさんの事を
覚えてくれているでしょうか??

 前回は入院先の病院で透析を拒否し、食事も摂らない、薬も水も飲まず
人生に対してストライキを起こしているような状態でした。

スタッフ皆で動画を作成し励まそうとしましたが、動画も見てもらえず・・・
それでも、ご兄弟の説得で、透析を開始するようになり、安心していたのですが、
またまた問題が発生しました。


透析を再開してから、体力も戻り、緊急の検査も治療も必要なくなり
大きな病院から今までも入院した事のある病院に転院する事になりました。

その後は親戚の方がされている老健(老人健康保健施設)に入所する予定になっていると
お姉さんから聞かされていました。

うちの男性ケアマネはIさんに会えるのが最後になるかも知れないと思い
4月2日に病院に訪ねて行きました。

ところが、Iさんが看護師長と義兄の前で大声でわめいていたそうです。
何でも入院費が納得いかないとか、転院はしないとか・・・・

「帰れ」と言われたケアマネはどうする事も出来ず帰ってきたそうです。
あ~これでお顔を見るのも最後なのか・・・・と思いながら・・・・・

なのに
翌日(昨日)の朝 Iさんの義兄さんから電話が入り
昨日は納得していたのに、また、騒ぎ出し暴れて手がつけられないとのこと。

これは、陽ちゃんが出て行くしかないなぁ~と思い
Iさんが入院されている梅田の病院に向かった。

車で40分ほどかかるので、到着したときには入れ違いでIさんは転院先の堺の病院に向かったとの報告があった。

看護師長の話では
転院を嫌がり大声で騒ぎ、手当たり次第に物を投げ、退院の荷物の整理もさせず
「俺に触るなぁ~」と怒鳴り、ベットから車椅子に移る事もさせてもらえなかったそうです。

介護タクシーが到着し、時間切れとなり、最終手段でベットごと病院の玄関まで運ばれ
皆で抱えてタクシーに乗せて、30分ほど前に出発したとのこと。

その間、Iさんは納得がいかない、無理やり退院させられると警察に電話をかけ続けていたそうです。

陽ちゃんたちは義兄さんと連絡を取ってみると、今度は転院先の堺の病院に入院しないと騒いでいるとのこと。

梅田の病院から堺の病院まで車を走らせることとなった。
その車の中で、陽ちゃんと男性ケアマネはありとあらゆる介護の状況をシュミレーションし、
①ショートステイを利用する場合
②自費のお泊りデイを利用する場合
③そのまま、老健に入所する場合
④最悪、自宅に戻ってくる場合・・・・


自宅に戻るとなると陽ちゃんたちのリスクはかなり高くなる。
一人暮らしで寝たきり・・・・
その上 透析拒否

出来る限り④の選択は避けたいところです。
どうしても自宅に戻ると言うのなら透析再開が条件となります。

自宅介護の場合、夜中は訪問できないとして、1日に6回訪問して・・・
そうなると8日間が限界
その間に老健の入所の手続きをして、何とか間に合うか・・・

そんな会話をしているうちに堺の病院に到着
車中から見える満開の桜もゆっくり楽しむ余裕なんてなかった。

堺の病院では、Iさんは病室を拒否し、談話室にいるとのこと。

Iさんを抜きにして、ここから緊急ケースカンファレンスが始まります。


長くなるので後半に続く
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪